"南加賀の台所"南加賀公設地方卸売市場ホームページへ
image
ホーム > おばあちゃんの郷土料理 > 冬の料理【活きカニのゆで方】
おばあちゃんの郷土料理
懐かしいな。子どもの頃におばあちゃんが作ってくれた、この味。あの時はわからなかったけど、季節の野菜や旬の魚を上手に使って、その時にしか味わえない料理を作ってくれていたんだね。 そんなおばあちゃんの料理を今の子どもたちにも伝えたい。春夏秋冬、季節ごとに楽しめる、郷土料理レシピをご紹介します。
市場インフォメーション
おばあちゃんの郷土料理
市場の概要
卸売業者・関連業者
買受人
市場カレンダー
お問い合せ
キッズページ
春の料理 夏の料理 秋の料理 冬の料理
ぶり大根
活きカニのゆで方
ニシンの甘露煮
メギスのだんご
治部煮
ふくらぎの揚げ煮と甘酢煮
活きカニのゆで方
北陸、冬の醍醐味といえばカニ。11月の解禁日より、どのスーパーの店頭にもゆでたカニが並び、すでにご家庭で味わった方も多いと思います。
ですが、カニの味噌が本当に美味しく味わえるのは、新鮮な活きカニのみ。今回の協力店「犬丸屋」では、新鮮な採れたての活きカニを扱っており、他にはちょっとない、新鮮な感動が味わえることでしょう。
カニは秋から冬にかけての寒い時期が、特に身がしまって美味しく召し上がれます。新鮮なカニをご家庭でも上手にゆでることができれば、カニ本来の旨味と甘味を存分に堪能できます。ぜひ、レシピ通りにチャレンジしてみてください。


image
<上手なゆで方>
1. 甲羅を下に向けて(腹を上にして)鍋にカニを入れ、甲羅が隠れるまで水を入れます。沸騰してからカニを入れると、カニの味噌が流れ出て美味しさが半減してしまいますので要注意。水1リットル当たり30〜40gの塩を加えます。
2.鍋に火をかけ、中火から強火にします。途中弱火にしたり、さし水をしたりしてお湯の温度を下げると、カニが黒ずんでしまいます。
3.沸騰してから約15分でカニがゆで上がります。沸騰してから約15分ですので間違えないようにしてください。この時「落し蓋」をしてカニが鍋からはみ出さないようにします。
image
甲羅を下に腹を上にして、必ず水から煮るようにします。

image
沸騰後、約15分間落し蓋をしてゆで上げます。
4.カニがゆで上がったらお湯を捨てます。ゆでるときに付着したアクを取り除くために、鍋からこぼれるくらいに水を入れてカニを軽く洗います。
5. カニを洗ったら、腹を上にして約30分くらい水切りをします。カニにビニール袋やラップ、ぬれた布等をかぶせておくと,乾燥から防げ、食べる際にも身が採りやすくなります。

image
ゆで上がったら、水洗いして、水切りを約30分間。美味しいゆでカニの出来上がりです。
<おいしいカニの見分け方>
カニは地物をお勧めします。地物は新鮮で甘味があってみずみずしく,美味しいです。また,カニは,体が小さくても身がどっしりとくるような,つやの良いものを選んでください。
特に,コウバコカニは外子が大きく盛り上がっているもの。ズワイカニは足の身の引き締まったものが美味しいです。

image
協力店
(有)犬丸屋

[本店]
小松市土居原町753
TEL 0761-22-0153
地図を見る

[北浅井店]
小松市北浅井町ち45
TEL 0761-22-0848
地図を見る

営/9:30〜20:00
休/正月元旦のみ


小松市の中心商店街(本店)と郊外(北浅井店)で店舗を有している「犬丸屋」は、地元の老舗ということもあり、顧客からの信用も厚く人気が高い。
店内に並ぶ商品は種類も豊富で新鮮かつ安価。安くて美味しい食材を求める買い物客で常時店内は賑わっている。
地元漁港で水揚げされた活き活き鮮魚がズラリと並び、地元産の野菜や果実等も豊富に用意されている生鮮コーナーは特に人気。健康面や衛生面においても十分に配慮がなされていて、気持ち良く買い物ができる。
また、顧客サービスとして、会員登録された方に、サービス券の発行、国内旅行(抽選)への御招待等の特典もあり、お客様を大切にしたいという店主の気持ちが伝わってくる。

image
撮影場所:犬丸屋本店

image

image


▲上へ

石川県小松市本江町ホ1番地 TEL.0761-24-6611 image Copyright(c) 2005 - 2006 MINAMIKAGA PUBLIC MARKET .All Rights Reserved.